トップページ 学校紹介/校長挨拶(H30.up)

校長挨拶

このたびは広島県立安古市高等学校のホームページにアクセスしていただき,ありがとうございます。

 

本校は,昭和50年に安佐南区で初めての公立の高等学校としてこの毘沙門台の地に創設され,今年で44年目を迎えました。今春までに輩出した卒業生は15,600名を超え,社会の様々な分野の第一線で活躍しています。

 

 本校の校訓は「仰高(ぎょうこう)」です。この言葉は,山の高きになぞらえて,理想を求める姿を表したもので,一人ひとりが志を高くかかげ,向上心と理想を失うことなく研鑽を積んでほしいという願いが込められています。 この校訓「仰高」の精神のもと,広島を愛し,グローバル社会に貢献できるリーダー,すなわち,現状に甘んじることなく常により高い目標を持ち,自分自身,家族,自分の住んでいる地域を大切にし,さらに,地球規模の視点を持って,率先して世の中の人のために考え行動する人を育成することが本校の使命であると考えております。

 

文部科学省委託事業「ESDの深化による地域のSDGs推進事業」において,よりESDの実践力を高め,教育を通じて持続可能な未来をつくることを目指して,実践的な取組を行う意欲のある学校「サステイナブルスクール」として,本校が採択されて3年目を迎えています。日々の生活から発見した課題に対して,教科で学んだ知識やスキルを活用して,様々な人々と協働して解決策を創り出せるような生徒を育成するために,総合的な学習の時間を中心として様々な教育活動に取り組んでいます。その取組が生徒の希望する進路実現につながり,さらに,社会貢献につながっていくと信じております。

 

これからの変化の激しい社会を生き抜くことのできる資質・能力を生徒が身に付けることができるよう,教職員一同,全力で取り組んで参ります。

 

今後とも本校に対する変わらぬ御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。

 

広島県立安古市高等学校 校長  船津 久美


トップページ 学校紹介/校長挨拶(H30up)